[絵日記] 細かいコトは気にしない。

ナイーブ8歳兄とオテンバ6歳妹のへっぽこ珍事録!多合趾症や臍・鼠径ヘルニアのことも。

お知らせ

当ブログにお越しいただきありがとうございます!

今まで『育児絵日記』として更新していたこのブログですが、2017年からは絵日記だけではなく雑記的なブログとして更新していくことにしました。

詳しくはコチラの記事で説明しています。今後ともよろしくお願い致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脅し文句

ユッコの多合趾症の手術のレポートの途中ですが、今日はちょっと違ったお話です。
ずっと手術の真面目な話ばかり書いていても疲れてしまうので…。
(あまり真面目な感じじゃなかったけど)

病院でユッコと同室になった親子を見て、あぁ面白いなぁ~と思った話を交えてコウの話を一つ。
↓↓↓

111202.png

111202-2

111202-3

111202-4

だるまで押す。
それまで帰りたくなくてグズっていたのがウソのように、マッハで帰れます。

ちなみにコウが知ってる「だるま」はこれ。
↓↓↓

だるまさんが



とっても可愛らしい絵本です。
姉がコウのプレゼントにくれたのですが、これがもう可愛くて可愛くて!!

コウもすごくこの本を気に入ってるんだけど…
なんで怖がってるんだろ。

不思議。


「宇宙人さんに電話」で押していたママさんも、なかなか面白いと思いました。
(ご本人ママに許可取らずにネタに書いちゃった…「ヤダこれまさかうち!?」と思ったママさん、連絡くれたら消すなりイラスト変えるなりモザイク入れるなりするので!)
よくあるのは、「おばけ」とか「鬼」とか「怖い人」とかですね。


でも最近の育児書やテレビの育児番組では、こうやって怖がるもので脅して子供にいうことを聞かせるのはNGみたいです。
幼い子にこうやって脅しで言うと、それが「どうしてダメか」「どうして今それをしないといけないのか」ではなくただ「怖いから」と心にショックを与えているだけなのがダメらしく。

でも、サコ的には脅しもアリだと思ってます。
なんでもかんでもじゃなく、イザという時くらい…ねぇ。

だって現に、何言ってもダメで言うこと聞かない時ってあるじゃない…!
そんな時くらい、「怖いから」で動かしてもバチは当たらない…はず。

ってか私らが小さいころは、みんなこういう脅し文句を言われて育ってきてると思うんですよ。
でも、そうしなきゃいけない理由はそのうち分かっていくし、脅しで育てられたからと言ってグレたりひねくれたりトラウマになったりしたかといったら、そんなことは無いし。

最近の育児書って、「こう言うのはダメ」「こう言うと伝わる」という理想がはっきりしすぎていて逆に難しいと思うんですよねー。
確かに「なるほど」と思うのはあるけど、全部実行できるはずもなく。
でも、それが出来なくて「私ってダメ母だ…」って悩みすぎてしまう人もいるんじゃないかなぁ…。

「「ダメ」という言葉は相手を否定する言葉だから使わない」
とか言われても、ダメなことをしていて「ダメー!」って言うのがそこまで悪いとは思えない。
ダメなものはダメだもの。


サコが育児書を読んでいて一番心に残ったのは、
「愛情を持って接していれば、その育児は8割は正しい」ということ。
(7割だったかも?)

どんな言い方をしても、怒鳴ることが多くても、言い過ぎて子供に謝る事があっても、そこにしっかり愛情があって子供のことを考えてるからこその行動なら、大体間違いは無い、と。
しつけに悩んでいた頃にその記事を読んで、ごちゃごちゃの頭がスッキリしたんですよねー。

育児方針については色んな考え方があるし、今日の日記も賛否両論あると思いますが、うちはそんな感じで。


よってこれからも「だるま」で押すことも、まだまだありそうです。


なんかただのネタ日記のはずが、長々と書いてしまったなぁ…
しかもなんか重いしまとまってない…。
失礼しました…


↓だるまさんが来るから、応援クリックお願いしますっ!↓
人気ブログランキングに1票入れる!
↓ついでにこっちもお願いします
女性人気ブログランキングL-Reco

関連記事

コメント

「だるまさん」!何でだろ、気に入っていたなら…あ、大好きなだるまさんをも怒らせては大変だから…?か…?

子育て…したことないけど、サコの言ってること、正しいと思う!理論よりも何よりも、まずは愛情を持って接することが一番だよね!
「ダメ」は「ダメ」でいいと思う。何でもかんでも頭ごなしに…っていうんじゃなくて、「ダメ」でしかないことって、絶対あるもん!!

うちは鬼だよww
夜遅くまで遊びたがるチビを横目にチラリとカーテンから外をのぞき、
「ちょ!チビ!外の電柱の下に鬼立っててコッチみてたよ!監視してるよ!ヤバい!」
なんて迫真の演技してますよwww

ほんと、今の育児は「ダメ!」って言っちゃダメだし、
「悪い子」って使っちゃだめだしでNGワード多過ぎる気がしますw
んで、言っちゃった自分がダメダメ育児してんじゃないかって凹むwww

まぁ、ショッチュウはよくないのかもしれないけど、
ここぞという目に余る時は「脅し」って、
使ってもいいんじゃないかなーって思ってます。(^^ゞ

あとやっぱ、漠然とした怖いものってある方がいいと思うんだよなー。
人は昔から本能で「闇」を恐れてきたんだし、
泣きまくるほどの恐怖心を与えるんじゃなければ、
正しい方向に誘導する補助的なモノとして、
怖いものをけしかけるのもスムーズな育児につながるんじゃないかとww
あ、あくまで親都合ですが。
だって親の生活があって、子がいると思うし…(*^_^*)
あまり子供様様の子供が最優先、№1って立てることないと思うんですよねー。
私は子供最優先じゃなくていいと思うタイプなんです。
親の次が子供、みたいな…。例えば7時からは大人の時間だからDVD一切ダメとか。
で、たまにはご褒美的に今日は頑張ったから、特別観てもいいよ、とか…。
ま、違う考えの人は子供優先しないなんて…って思うかもですが(^^ゞ

基本私も脅しを使う、サコさんと似た考えであります(*^_^*)
でもコウくんのダルマは意外性あり過ぎてウケたwww

>あす芋

だるまさん…かわいいのにねぇ(笑)

コウがまだまだ小さい頃は、育児書を読んでも「なるほど!確かにこうやって育てたい!」って思ってたんだけどねぇ。
実際に2歳、3歳になってくると育児書通り言っても育児書通りの反応は帰って来なくて。

そんな理想通りに行くかー!!ってなっちゃってさー。
育児書も参考にはなるし全く読まないとそれこそ自信持てなくて大変だと思うけど、まぁ参考までに…ね。

>ユトさん

おぉ!陛下は「鬼」ですか!
ごっちゃんと同じですね!
あおやまの…あおいおに…!!

カーテンの隙間から外を覗くユトさんの迫真の演技、見てみたいですw

漠然と怖いもの、あって良いですよね。
テンパリスト4巻を読んで思い出したんですが、私も小さいころ漠然と「こんなことしたら地獄に行く…!」とか思って良い子にしてた記憶がありますよ。

NGだと言われていても「なんでそんなことするの!?」っていう叱り方も、ついやってしまうし。
上手く叱るのはむずかしいけど、上手くなくたって「お母ちゃんは怒ってるんだ!」っていうのだけでも伝わればまずはいいやと思ったり…。
ほんと、育児書読めば読む程NGワードが多くて頭がパンクしそうです(汗)

私が気を付けているのは、子供に対して絶対「嫌い」と言わない事くらいです…。

コメントの投稿

秘密

トラックバック

プロフィール
sako.png
こんにちは、サコと申します。
東北地方で2児の母やってます。
詳しいプロフィールはこちら
月別アーカイブ
10  07  06  05  01  12  11  09  05  02  01  09  07  06  02  01  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。