[絵日記] 細かいコトは気にしない。

ナイーブ8歳兄とオテンバ6歳妹のへっぽこ珍事録!多合趾症や臍・鼠径ヘルニアのことも。

お知らせ

当ブログにお越しいただきありがとうございます!

今まで『育児絵日記』として更新していたこのブログですが、2017年からは絵日記だけではなく雑記的なブログとして更新していくことにしました。

詳しくはコチラの記事で説明しています。今後ともよろしくお願い致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼠径ヘルニア(そけいへるにあ)

先日鼠径ヘルニアの疑いがかかったユッコですが、予想通り鼠径ヘルニア確定しました。

疑いがかかった後症状も引いてたから様子見てたけど、夜になって泣き止まなくなったので夜間救急にも行きました。
その時はお医者さんにぐいっと腸を押し戻してもらって一安心。

翌日改めて、大きな病院の小児外科を受診してきました。

↓↓↓

110616.png

110616-2

110616-3

110616-4

それって大丈夫なんですか…!?



まぁ、大丈夫だそうでした。

女の子の鼠径ヘルニアでは、卵巣も出ちゃうのは良くあることみたいです。
卵巣は小さいからか、仮にかんとんになっても血流が止まることはほとんどないそうです。
よかったー。

もうね、卵巣が死んでしまったらどうしようと本気で心配しましたよ…。
ユッコ10か月にして卵巣を一つ失うことになるのかと…。
あぁ怖すぎる。


とりあえず泣いたりしたら腸は出てきちゃうけど落ち着いたら引っ込むし、緊急手術!というほどの緊急性はありませんでした。
でもこの月齢になると自然に治ることはもうほぼない(生後3か月までなら自然に治ることも多い)みたいなので、手術はすることに。

必要な手術とはいえ、手術するんだからお腹(ってか足の付け根?)にきっと傷がついてしまうんだよね…?
女の子なのになぁ…(泣)
足の多合趾の手術で足の指に傷が付くのはそこまで抵抗は無いけれど、元々キレイだったお腹に傷が付くのは切ないですね。

でもドクターは子供の鼠径ヘルニアだけでも年に約80件も手術するという、小児外科の大ベテラン!
人当たりも良いし、朗らかでなんでも気軽に話せる感じだし、すべてお任せしようと思います。

手術の日までは、とにかく今ひいてる風邪をしっかり治して新しく風邪をひかないことが重要な課題。
体調が悪いときに手術をすると、感染症をおこしやすくなってしまうんだそう。

あとは、あまり泣かせない事。
赤ちゃんに「泣くな」は難しいけれど、幸いユッコはもともとあまり泣かないおっとりベイビーなので少しは助かりそうです。

がんばろ。



しかし、子供ってまるっきり何も無く生まれてくることって奇跡みたいなものですね。


子供が元気に育っていくことって、すごくありがたい事なんですよね。
自分自身は大きな怪我や病気も無く健康がとりえで育ったから(中学と高校で皆勤賞とったくらいで)、それが当たり前だと思っていたけれど、そうじゃないみたいです。


子供がきちんと育っていくことに、しっかり感謝しなきゃですね!!


…なんか長くなっちゃったな。


↓ヘルニアユッコに応援をお願いします!↓
人気ブログランキングに1票入れる!
↓ついでにこっちもお願いします
女性人気ブログランキングL-Reco

関連記事

コメント

卵巣は驚きでした。そんなことってあるのね!!
確かに「健康」という言葉の重みを感じたよ。

でもでも、最近の進歩した医療なら、小さい手術痕でできるんじゃないかな?!

とにかく、ユッコ、頑張れ~!
そして、しばらく寂しい思いをしてしまうかもしれないけど…
コウ、頑張れ~!
サコもがんばり過ぎて倒れないようにね(><)

きっとね、手術跡なんて今の道具やら施術やら薬やらで、
目立たなくなっちゃうと思いますよ!
私自身4歳ぐらいの時、額かち割って何針も縫ってるけど、
今じゃほまったく目立たないくらいだし。(*^_^*)
おまけに股関節あたりだから、ビキニだって将来大丈夫だよ、きっと(^.^)

確かに完全健康体で生まれる子って少ないかもね。
私も生まれながら気管支弱くて子供の頃は寝ると
ダースベーダーみたいにシュコーシュコー気管支鳴ってたみたいだし、
皮膚ダメダメで皮膚科にはショッチュウ世話になってたみたいだし、
いっつも尿にタンパク出てたみたいだしで、
親は気が気じゃなかったと思うよ。(笑)
それが酒も煙草も好きな大人になっちゃってwww
あ、煙草はもうやめちゃってるけど(^^ゞ

大人でも手術怖いから、ユッコちゃん、まだよく解らない時期で
かえってよかったかもね。(*^_^*)

んでさ、ユッコちゃん大きくなったら「ユッコは小さい時大変だったんだからー」って、
サコさん笑いながら小さい頃のお話してあげるんだろうな、きっと。(^.^)

手術まで体調万全で挑みたいですね!

>あす芋

いや~、私もビックリしたからね!
ってか、小児科の先生もびっくりしてたからね!

夜間救急行った翌日、まず小児科で診てもらったら触診で卵巣が出てる疑惑がかかった瞬間に、小児科の先生が大きな市民病院の小児外科の先生に電話したからね!
小児外科がやってない曜日だったのに、その先生に話して紹介状書いてくれて「すぐ行ってください」って言われたからね!
市民病院付いて普通の受付に行ったら、「急患受付へ行ってください」って言われたからね!

ユッコ、急患扱い。
あーびっくりした。

コウはウキウキしながら「ほいくえん、行く~」って言ってるし、事前にならしておけば大丈夫だと期待したい…。

>ユトさん

ユトさん額かち割った!?あわわわわ…
陛下も胎児仮死で生まれたんですよね、確か。
「仮死」とか怖すぎる!

コウは今のところ元気だけど、4ヶ月くらいまで黄疸治らなくて鉄剤飲んでたし、1歳半くらいまで皮膚弱くて皮膚科通いまくってたしなー。

傷跡は切ないけど、ユッコが頑張った勲章だと思って将来ユッコにも話そうと思います^^
おそらく足の手術よりも入院日数も少ないし「歩いてはいけない」とか無いし、足の手術&入院の練習だと思って乗り切ります!

うわわ

うわわ、ユッコちゃん!
早く元通りの元気もりもり女子になってね!

サコさんもきっといっぱい大変だったと思うのに、
文面がとても前向きで明るくて……。こっちにホロリ。

私はブログで見守る事しかできませんが、
どうが無事、ご家族皆さんの力で乗り越えて下さい〜!!!!
でも頑張りすぎて倒れたりしないで下さいねっ!

>ユコさん

「うわわ~!」って思いますよねぇ~。私もびっくりしましたもん。

でもユッコは突発性発疹のツブツブが消えると同時に機嫌も直って、今ではまたすっかりゴキゲンな赤子になっていますよ!
いつも旦那と話してるんですが、「ユッコは本当ゴキゲンな赤ちゃんだよね~」って。
いつもニコニコ(ニヤニヤ?むしろゲラゲラ)して楽しそうです(笑)

ユッコがゴキゲンだと、私もいっぱい頑張れます^^

今も頻繁に卵巣は出てますが(触ると丸いものが分かる)、腸がガッツリ出てることは減りました。
このまま手術の日まで状態が悪化することが無いように祈りつつ、皆で頑張りますよー!

コメントの投稿

秘密

トラックバック

プロフィール
sako.png
こんにちは、サコと申します。
東北地方で2児の母やってます。
詳しいプロフィールはこちら
月別アーカイブ
07  06  05  01  12  11  09  05  02  01  09  07  06  02  01  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。